転職サイトのメリットとデメリットについて

転職サイトには興味はあるけれども求人が見つからないという経験がある人は多いと思います。

転職サイトを通して求人企業に直接応募する方法は一般的に広く知られていてメジャーな方法ですが、サイトの活用にもメリット・デメリットがあるので、よく考えたうえで、利用するようにしましょう。

では、転職サイト活用のメリットとデメリットについて説明します。
まずはメリットです。
メリットは全部で4つです。

1つ目は、「情報が多いため、条件にあった求人を検索できること」です。
2つ目は、「どの業界が採用に熱心なのかなどの採用動向がわかること」です。3つ目は、「直接応募することができること」です。

そして4つ目は、「企業への直接応募の為、企業側は、採用コストが抑えられ、採用につながりやすくなること」です。逆にデメリットですが、こちらは全部で3つです。

1つ目は、「企業がアピールしたい内容だけ掲載されているので、良いところしか出ていないこと(悪い部分は公表していないこと)」です。

2つ目は、「年収レンジが高くなく、大量採用系の求人が多いこと」です。

3つ目は、「キャリア経験者が興味をもつような求人が少ないこと」です。

転職サイトには求人企業が広告費を支払って広告を載せるわけなので、基本的には自分たちの見せたくない部分の情報は掲載しません。
また、世の中に知れ渡っても問題のない求人が掲載されることになるため、大量採用系の求人が多くなってしまうのです。

転職サイトを使う場合は以上のことを踏まえた上で転職を行うとよいでしょう。

転職サイトというのは、大きくわけて2つのタイプに分かれます。

1つ目は、「検索タイプ」です。

検索したりメールがくるタイプです。


この検索タイプのメリットは好きなときに活動できることです。時間の自由度は高いです。

基本的に一連の流れは自分でやることになります。

そして情報を比較することが簡単です。


自分にあった仕事をピックアップすることができます。

しかし、企業の情報がネット上だけの為色々問題も多いようです。

効率よく活動を行うため、更新日は必ず求人情報をチェックしましょう。

いち早くチェックし応募することで合格率が上がるかもしれません。
そして2つ目は、「コンサルタイプ」です。

登録後専任のコンサルタントがついて仕事の斡旋をしてくれます。
紹介だけでなく、相談にも乗ってくれます。

登録後は面談があります。

面談で色々ヒヤリングして適性な求人情報を選ぶためです。
コンサルタイプのメリットは職務経歴書や面接のサポートもしっかりしてくれることです。
転職が成功すればコンサルの給料になり、新しい会社で頑張れば評価も高まります。

もし転職するとした場合、両方のタイプを利用するようにしましょう。


まず検索タイプで登録し、情報を検索し、そこで見つかり面接を受け採用となればOKですし、そこでだめでもコンサルタイプに登録して紹介を受けるのを待ち、そこで採用となればいいのです。

検索タイプとコンサルタイプの転職サイトをうまく活用し、ぜひ転職を成功させてください。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1113237401
http://news.goo.ne.jp/article/jbpress/bizskills/jbpress-46683.html
http://store-tsutaya.tsite.jp/item/sell_book/9784839956585.html

気になるバイトルの効果情報を参考にしましょう。

ホンダ期間工に関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

美人の社長について真剣に考えてみました。

素敵な契約社員の募集が今、話題になっています。

iPhone7の役立つ情報をお探しの方にお勧めです。