看護師専門転職支援サイトとは

看護師が転職の際に、いろいろ役に立つ看護師専門転職支援サイトというのがありますが知っていますか。


ここではそのメリットとデメリットについて説明します。まずはメリットですが、メリットは全部で3つです。

1つ目は、面接の依頼からスケジュール調整等の手続きを代行してくれることです。

仕事をしながら活動している人の場合、希望先とのやり取りは大変です。

転職サイトを利用すれば活動が楽になります。2つ目は、別の角度から提案してくれることです。


希望条件の確認後は多くの求人情報を提案してくれます。基本的には希望条件と合致しているものですが、角度を変えた求人を提案してくれる場合があります。

3つ目は面接時に同席し、有給休暇の消化率、交通費の上限金額など質問しづらい点を聞いてくれることです。

次にデメリットで、こちらは全部で3つです。


1つ目は病院側の見る目がシビアなことです。
看護師を採用すると病院側に紹介料が発生します。
看護師専門の転職支援サイトは人材を紹介し、その人が入社した時点で成功報酬として病院側から紹介料をもらえます。

なのでハードルは高くなるのです。

2つ目は、担当者により対応がまちまちなことです。
連絡の代行が転職サイトのポイントですが、連絡が遅い担当者もいます。

担当者のレベルの話しですが、信頼関係ができないと非常に困ります。
担当者を変えるか別の支援サイトを考えたほうがよいでしょう。


3つ目は面接に行くことや入職することを強く迫まる場合があることです。

それは成功報酬が欲しいからで、とにかく面接に行かせようとしたり、辞退しようとしても推薦するケースもあるようです。

どれだけ説得されても入職の意思がなければ拒否しましょう。以上のことを考え、看護師専門転職支援サイトを上手に活用しましょう。

ある程度社会的にニーズのある資格を持っていたりすれば、何歳からでも転職は遅くはないと思います。
まだ学生の頃、人生の先を見越して職業や学部を選んだりするということはなかなかできませんでした。

当時アドバイスしてくれるような大人も身近にいませんでしたので、その時に考えられるベストな事を選択して今があるのだと思います。

が、もし現在の自分が持っていたらよかった、転職するのに役立ったのではと思う資格が幾つかあります。
女性であれば看護師の資格は求人は多いし、お給料もよい、時短勤務もありでかなりよいと思います。

プラスして助産師の資格も持っているとより幅が出てきて市や区の仕事も結構あるようです。
大きな大学病院に転職するだけでなく、近所のクリニックや区の乳児健診や訪問の仕事などもあるので、家庭に入ってからでも無理なく資格を活かして勤務が出来るようです。


保育園、介護施設などでも求人があるので、転職情報誌にも必ず掲載されています。

私は図書館が好きなので図書館などで働けたらよいなと思ったりもしますが、図書館の場合は司書の資格が必要というケースが非常に多いです。
たまに資格なしでもよいけれどカウンター経験が必要と書かれています。

資格がなくても働けるケースもあるようですが、なかなか見つけられません。


そう考えると資格は出来れば学生の間に取得しておいた方が何かと転職するにも役に立つということです。

実務経験があれば言うことなしですが、仕事によっては資格があるということでエントリーできるケースも多いのです。

http://matome.naver.jp/odai/2138694169294582601
http://allabout.co.jp/gm/gl/27222/
http://smany.jp/1061

アルバの優良サイトならこちらで見つかります。

バイトルの価格情報はすぐに役立ちます。

エスカレーターの整備士に関するお役立ち情報サイトです。

しっかりとした東京の求人の保育士の情報が満載です。

エレベーター整備士の転職の情報探しはこのサイトから初めてください。