エルダー世代の転職事情

いつの間にか人間というものは年をとっていくものなのです。まだまだ若いと思っていたのは数年前までで、ここ最近は若い頃、同じ職場の年配の女性に「若いっていいわね。

若いってそれだけで羨ましい」などと言われて、そういうものかしらと思っていましたが、まさに今、自分が実感として感じています。
転職情報などもエルダー向けとか年齢不問など、そういう括りに突入してきたのだなと老いを感じています。鏡の中の自分、写真の自分、電車の窓に映る自分の姿に、がっかりしてしまうけれどまだまだ頑張らなければいけない世代、それがエルダー世代なのでしょう。

一番子供にもお金のかかる時ですから、なんとかいいところに転職をして家庭の経済に潤いを与えたい、旦那さんの給料があがらないとすれば、我々奥さんが底上げをはからなければなるまいと日々必死の職探しです。
転職前のとっかかりとして人材派遣の単発業務などを掛け持ちしてなんとか頑張っている友人がいます。

現在は別の会社に週3日で働いているけれど、子供の学費がかかるため、何とか就職してもっと稼ぎたいとのことでした。

いろいろな事情の人がいます。

そろそろ親世代が病気に倒れ、介護をする生活に突入した別の友人は転職をしようと会社を辞めた途端に母親が倒れ、介護生活に入りました。

正規雇用での勤務は難しくなったからそれはそれで仕方ないと言っていましたが、現在はパートで自由のテレマーケティングの仕事をしながら介護をしています。


自分だけの都合でなかなかすんなりいかないのがエルダー世代の転職です。
飲食業への転職と調理師免許について説明します。

現在、飲食業界は人手不足の状況が続いています。
その理由としては、例えば近年、外食店舗の数が増加して来たことが挙げられます。

そのため、この人手不足の飲食業界へ転職する人も増えつつあります。

ただし、飲食業界へ本格的に転職し、やがて飲食店などで調理のプロとして活躍するためには、やはり調理師免許が必要になって来るでしょう。

そこで、この調理師免許の取り方を以下に説明します。

調理師免許を取る方法は2通りあります。


1つ目の方法は、調理師試験を受験し合格することです。

ただし、2年以上の調理に関する実務経験が無いと調理師試験は受けられません。なお調理師試験の内容は試験時間が120分の筆記試験だけです。
意外かもしれませんが実技試験はありません。


また、この筆記試験の具体的内容は、食文化概論、衛生法規、公衆衛生学、食品衛生学、栄養学、食品学、調理理論の7科目、合計60題(選択問題)です。

そして、調理師試験に晴れて合格したなら申請を行って調理師免許を取得することになります。2つ目の方法は調理師養成施設を卒業することです。

厚生労働大臣の指定を受けた調理師養成施設(例えば、調理師専門学校、等)を卒業した場合、申請をする事だけで調理師免許を取得できます。すなわち、この2つ目の方法の場合には、2年以上の調理に関する実務経験や調理師試験を受けて合格することは必要ありません。

http://matome.naver.jp/odai/2141423596526789801
http://life.news.biglobe.ne.jp/career/eaidem/emp01-pref05/city05201-jGG07-%E8%AA%BF%E7%90%86%E3%83%BB%E8%AA%BF%E7%90%86%E8%A3%9C%E5%8A%A9%E3%83%BB%E8%AA%BF%E7%90%86%E5%B8%AB-p1/
http://news.goo.ne.jp/topstories/bizskills/338/32773429b3aa7a4404ede1ddf189f09f.html

案件情報のことならこちらのサイトが便利です。

役立つスバル期間工のココだけの話をしましょう。

お手軽な看護師の単発の情報を幅広く扱っているサイトです。

保育士の求人情報選びをサポートします。

看護師の転職情報は見逃せません。